ギャンブルの世界の興味深いエピソードとは?

ギャンブルの世界について、広く知られているエピソードは多々ありますが、中でも特に有名な話はどのようなものでしょう。当サイトでは、皆さまにお勧めするエピソードをリストにしてご紹介します。

死ぬまでポーカー : プロのポーカープレイヤー、フィル・ラークに関するお話です。彼は2010年に歴史上で最長のポーカープレイ記録を樹立しました。フィルは、パフォーマンスを高めるための違法薬物類を一切使用せずに、115時間も連続でプレイを続けました。このような偉業を達成できたのは、長く続けてきた彼の健康的なライフスタイルのおかげでした。

いつも観覧車の上に : 超有力メディア・パーソナリティとして知られる、ケリー・パッカーに関するお話です。ケリーは、ギャンブルの世界でも非常に名の知られた人物です。彼は大物ギャンブラーとして、カジノに入店するたびに大金を賭けています。ロンドンのカジノで3週間で2800万ドルを失ったという話もありますが、一方でラスベガスで3000万ドル以上の賞金を得たという話もあります。パッカーが大儲けしたために、閉鎖せざるを得なくなったカジノもあるという噂です。

ルーレットの神様 : これは、ゴンサロ・ガルシア・ペラヨという1947年生まれの音楽プロデューサーについてのお話です。彼は、多くの賞金を稼いだ非常に優れたルーレットプレーヤーとしても知られています。ペラヨは、ただ運に頼ってゲームをプレイしていたのではなく、ルーレットで勝つための彼独自のルールを持っていたと言われています。

老婦人とクラップス : これは、パトリシア・デモーロという老婦人のお話です。よく晴れた2009年5月23日、パトリシアはボルガータホテルのカジノでクラップスで遊んでみることにしました。彼女はそこで幸運にも、前代未聞の20分以内に154回という連続勝利を収めたのです。パトリシアがその夜にいくら手に入れたのか具体的な数字はありませんが、とんでもない大金を手にしたことは間違いないでしょう。

ブラックジャックで命拾い : これはFedExという会社に関するお話です。FedExは、1971年にフレデリック・W・スミスによって設立された世界最大級の配送サービス会社です。会社がここまで成長する前、FedExは様々な困難に見舞われていました。創業して間もなく同社は深刻な財政問題に直面し、飛行機の燃料も賄えないわずか5000ドルしか残っていませんでした。自暴自棄になったオーナーのフレデリックは、誰もがあえて選択しない大胆な決断を下し、残りの資金をすべて抱えてラスベガスに向かったのです。さあ、結果はどうでしょう。フレデリックはカジノで大勝利を収め、会社を立て直せるほど多くの投資家を呼び込むことができました。もし彼がその日にカジノに向かわなかったとしたら、今日私達はFedExの存在すら知らなかったでしょう。

カジノで勝利するチャンスを増やすためのコツ

目標に集中! : カジノに行く一番の目的は賞金を稼ぐことで、お金を失ってしまうことではありません。近年、ストリッパーがカジノ内を歩き回っていたり、そそられるようなディーラーを採用していたり、違法薬物やアルコールを提供したりと、プレイヤーの気をそらすために様々な戦略を立てている多くのカジノが多く見受けられます。

ディーラーに注目 : ほとんどのディーラーはよく訓練されたプロですが、時には最適なパフォーマンスを見せないディーラーもいます。そのようなディーラーを見極めることで、勝利のチャンスをつかみ、賞金を倍増させることができるかもしれません。

自分をコントロールし、やめ時を知る : カジノは徹底的にプレイヤーを研究したうえで、それに基づき運営されています。顧客をプレイに惹きつけるために、最初は小さな勝利を収められるようになっていますが、それでゲームに夢中になるとチップはすぐに底をついてしまいます。ここで欲張ってはいけません。小さなゲームでも着実に勝利するというマインドセットを忘れないようにしてください。大金を失うよりよっぽど良いでしょう。